SNSで話題の除菌スプレーA2careとパストリーゼ77、実際に使って比べてみました

A2careとパストリーゼ77の比較 ノエルさんちのお気に入り

今の時代ってなんでもおしゃれになっていませんか?昔と比べると消耗品でもなるべく生活感を出さないようなデザインのものが増えた気がします。これもSNS映えの影響なんですかね。

除菌スプレーもおしゃれなボトルのものがたくさん出てきました。除菌スプレーのくせしておしゃれ!!

「くせに」とか言っていますが、ごめんなさい、かなり愛用しています。

我が家で使っているのはA2careとパストリーゼ77の2種類。両者ともに出しっぱなしでもインテリアに溶け込むデザインで気に入っております。

この記事では2つの除菌スプレーの違いや、我が家の使い分け方を紹介しています。

「2つとも除菌できるみたいだけど、どう違うの?」
「どちらかひとつだけを選びたい」

という方の参考になれば幸いです。

A2careの特徴

成分は「ほぼ水」だから安心して使える

99.99%が精製水でできているとのこと。「ほぼ水やん!ちゃんと除菌効果あるの?」と思いますよね。

でも大丈夫、残りの0.01%の成分である「二酸化塩素」が除菌力を発揮してくれるようです。

「塩素」と聞くと刺激が強そうな感じはします。安全性は大丈夫なのか気になるところですが、様々な実験を重ね、水と同じ腐食性と刺激性=安全ということを実証済みとのことです。

その除菌力・安全性はANAなどの航空会社でも使われているほど。大手が採用していると聞くと安心しますね。

消臭効果もあり。生乾きの洗濯物や靴の消臭にも

除菌だけでなく、消臭効果も高いのが特徴です。うちでも洗濯物から生乾きの嫌な臭いがしてきたら、こちらをシュッとします(実際はシュッシュッシュッシュッ!!ぐらいしてます)。

すると生乾き臭はどこへやら、です。

他にもおむつ用のゴミ箱にも使っています。あれ、すごい臭いしますもんね…やっぱり日にちが経つと臭いはしてくるけど、かけてからしばらくの間は臭いが軽減します。

また、A2care自体は無臭。香りつきの消臭剤が苦手な人にもオススメです

ニトリでも購入できる!

ネットでしか買えないのかなぁと思っていましたが、ニトリでも購入することができます。

ネットより安いわけではないですが、ニトリはよく行くので、なくなってきたら詰め替え用をついでに購入してます。

大流行しているためか、他にも雑貨屋さんや百貨店でも見かける機会も増えてきており、以前より手軽に購入できるようになったなぁと思います。

A2care旋風、すごい。決して安くはない価格ですが、それだけ多くの人が効果を感じているんですね。

 

パストリーゼ77の特徴

成分は高純度のアルコール+高純度カテキン

パストリーゼ77の「77」はアルコールが77%含まれているという意味のようです。アルコールの除菌効果が最も高いのは濃度70~80%の範囲らしいので、77%はかなり高濃度ですね。

さらに緑茶などで知られる「カテキン」が含まれています。カテキンには抗菌作用があるので菌が増えるのを抑えてくれます。

高純度アルコール+高純度カテキンのWパンチ。さすがの菌も思わず参るでしょう。

食品に直接かけて鮮度を保つ。防カビ効果も

A2careとの一番の違いはこれです。食品に直接かけられるかどうか。

でも、本当に大丈夫なの…?「掃除用」というイメージが強かったので最初らへんはこの使い方はしていませんでした。

安全が認められたものなんだから大丈夫だろう!意を決して料理にかけてみましたが、味に全く問題ありませんでした。それからお弁当にかけています。

夫も味の変化は全く感じないとのことです。鮮度を保てるということは食中毒予防にもなりそうですね!

他にも、ジャムにかけたりするとカビ予防にも効果的なんだとか。ジャムの大瓶買うとよくカビさせてしまうので、今度買った時はこれをかけてみよう。

※料理酒にはならないと思います(当たり前)。

手指の除菌にも効果的

食品由来のアルコールなので手指の除菌にも安心して使えます。

小さいスプレーボトルに入れて持ち歩けば外出先でも使うことができるから風邪や感染症対策にも◎

▽ たっぷり入った詰め替え用がお得なので、いつも楽天セールの時に購入しています。

 

我が家のそれぞれの使い分け方

A2careは主に子ども関連(おもちゃ、マット)に使用

  • 子どものおもちゃ
  • ジョイントマットの掃除
  • 子どもがよく舐める箇所の掃除
  • おむつ用ゴミ箱の消臭
  • 部屋干しした衣類の消臭

子ども関連多めです。あまり気にしないほうなので頻繁にはやっていませんが、(キリもないしね…)夜寝る前におもちゃにシュッとかけるだけ。拭かずにそのままです。

生乾き臭のする衣類には少し多めにかけた方が効果があります。シュッシュッシュッシュッ!!ぐらい。

パストリーゼ77は主にキッチン周りで使用

  • 調理後の掃除
  • 食材の消毒
  • まな板、包丁、保存容器の消毒
  • 食事後のテーブルの掃除
  • お弁当に直接かけて食中毒予防
  • インコのゲージの掃除

わたしは妊娠前まで調理の仕事をしていました。だからなのかキッチン周りのアルコール消毒はくせになっています。潔癖ではないしむしろズボラですが、しないとなんとなく気持ち悪い。

他社の消毒スプレーも使ったこともありますが、食材にかからないよう気を遣ってたんですよね。対してパストリーゼは食品にかかっても大丈夫とのことで安心して使うことができます。

個人的には「パストリーゼ77」のほうが万能感がある。使い分ける必要はあるのだろうか?

この白地に青い文字ってのもおしゃれでいいですね

使う頻度が圧倒的に多いのはパストリーゼのほうです。

単純に、A2careのほうが高いという理由もありますが、パストリーゼは食品にも使えるんですよ?これほどの安心感はありません。掃除にも食品にも使える、用途が幅広いのはパストリーゼ77のほうでしょう

あまりに使用頻度が多いので、ダイニングテーブル用とキッチン用に分けて使っています。

パストリーゼはアルコールの香りが強いので、なんとなく子ども用品には使っていませんでした。

しかし、原料は主にサトウキビからできた醸造用アルコール。食品にかけてもいいぐらい安全なものなので、正直なところこちら1本にしぼってもいいかな?とも思ってきています。

それにこのアルコール臭がたまらんのです。「ああ!除菌されてる!」って感じが好き。変態じゃないよ?

ただし、アルコールが高濃度なので向かないものや場所もあるようです。

変色、溶解、亀裂、膨潤などの変化が起きる場合がある為、以下の物は確かめてからご使用下さい。

・フローリング、樹脂、塗料、ワックス等塗布面、ゴム、皮革、塗装製品など。

ドーバー公式サイト

とのこと。子どものおもちゃの塗料とか落ちやすかったりするのかな?

調べてみるとパストリーゼをおもちゃにかけて消毒している人もいます。かけてもすぐに蒸発するので問題なさそうですね。となると、ますます使い分けている意味が分からなくなってきました。

【結論】
今後我が家では、今後パストリーゼ1本に絞る(かもしれません)。

僅差でパストリーゼ勝利。採用の理由はコスパの良さと用途の幅広さ

パストリーゼ寄りのレビューになってしまいましたが、A2careもちゃんと効果を感じましたし、評価が高いのでいい商品であることには間違いありません。

ただ値段が高いかな!A2careは頻繁に使用するならコスパはあまりよくないと思いました。

パストリーゼも安くはありませんが、掃除から食品まで幅広く使えるという点がお気に入り。他の消毒スプレーより安心して使えるので採用しています。大容量パックもあるので、購入頻度も少なくて済みます。

どちらも消毒効果は高い。あとはあなたの使用頻度や用途に合うものを選んでみてくださいね^^

 

▽ 我が家で活躍中の「クエン酸スプレー」これでトイレのきれいを保ってます。

thttps://totonoeru.org/kuensan-spray-toilet/

 

.+

にほんブログ村 にほんブログ村へ

comment お気軽にどうぞ*