メルカリで細長いものや大型の商品(160サイズ以上)を発送する方法【失敗談つき】

「家」をととのえる

片づけをして出た不用品をメルカリなどのフリマサイトで出品する方も多いですよね。

わたしもちょくちょく利用しています。商品に価値を感じた人が設定した金額で買ってくれる、とてもいいサービスだと思います。

しかし、出品する前に発送方法や送料のことを頭に入れていないと損をしてしまうことに。

…はい。その損をしてしまった人です。笑

今回は160サイズ以上の商品を出品する方法と、送料で8500円もかけてしまった失敗談も含めて書きました

送料で悔しい思いをする人が少しでも減ると幸いです。

3辺の合計が160cm以上だと「大型家具扱い」になる

メルカリを利用したことがある方はご存知かと思いますが、送料が全国一律の「らくらくメルカリ便」という発送方法がありますよね。

らくらくメルカリ便で送ることができる荷物は3辺の合計が160cm、25㎏まで

この条件を満たしていれば北海道だって沖縄だって、一律の送料で送ることができるというなんともお得な方法です。

どんな形でも、サイズが3辺合計160cm、25㎏以内であれば、らくらくメルカリ便で送ることができ送料も最大1600円で済みます。

しかし、160サイズを超えてしまった!というあなたはらくらくメルカリ便で発送することはできません。次にお進みくださいませ。↓

メルカリで細長いものや大型商品(160サイズ以上)を発送する方法

まずは各社見比べられる表を作ってみました。

対応サイズ 送料
大型らくらくメルカリ便 200~450サイズ 全国一律
ヤマト便 1辺の長さが170㎝、3辺の長さ合計が200㎝まで サイズと配送地域により異なる
らくらく家財宅急便 80~450サイズ サイズと配送地域により異なる
飛脚ラージサイズ宅急便 80~260サイズまで サイズと配送地域により異なる

この表では簡単すぎるので、少し詳しく見ていきますね。↓

①集荷も梱包もおまかせ「大型らくらくメルカリ便」

  • 送料は全国一律
  • 200から450サイズまで対応
  • 集荷、梱包、設置はプロにおまかせ

たとえば200サイズの商品の場合、送料は全国一律で4320円。どんなに遠くても全国この送料なので、お届け先が遠くても安心です。

ただし、対象外地域もあるようなので、事前の確認が必要です

②1辺の長さが170㎝まで、3辺の合計が200㎝までの場合は「ヤマト便」

  • ヤマト運輸直営店から発送できる(コンビニ不可)
  • 集荷も可能
  • 重さ制限が荷物1個につき30㎏まで
  • 1辺の長さは170㎝まで。3辺の合計が200cmまでOK

長さ制限が少しややこしいので注意ですね。しかし160サイズを超えていても、ヤマト便の規定サイズ内であれば、そこまで大きな送料はかかりません。

発送先にもよりますが、規定サイズ内であればヤマト便が一番お得です

③ヤマト便の規格を超えるものはヤマトホームコンビニエンスの「らくらく家財宅急便」

  • 集荷~お届け先へ設置するまですべてをおこなってくれる
  • 3辺の合計が80cm~450cmと幅広く対応

重たくて運ぶのが大変な家具や家電も、集荷から設置までおまかせできるので助かります。

ただ、基本的に家財を対象としているので、送料もそれなりに高いです。あとで書いてますが、わたしもこちらから発送してもらい、想像以上に高い送料を支払うことになってしまいました。

④3辺の合計260㎝、50㎏まで対応している佐川急便の「飛脚ラージサイズ宅急便」

  • 3辺の長さ合計が160cm~260㎝、50㎏まで対応
  • 他のサービスより細かいサイズ選択ができる(大体20cmずつ)

他のサービスと違うのは、3辺の合計サイズを細かく選択できるということ。というのも他のサービスは50㎝ずつ料金ランクが上がっていくのに対し、佐川さんは大体20㎝ずつと細かい。

▽ 実際の選択画面

実際のサイズ選択画面

他のサービスだと1つランクが上がれば送料が全く違ってきますよね。細かくサイズ選択できるということは料金設定も細かいので、佐川さんは大きいものでも比較的送料を抑えることができます

送料を比較できる便利なサイト「送料の虎」なら料金比較ができて便利

料金を知りたいなら、各運送会社から調べるよりもこちらの 送料の虎というサイトが便利。送料のサイズを入力して検索をするだけで、各社の送料を比較してくれます。

【送料の虎】大きな荷物の料金比較

もっと早く知っていればよかった…(涙)

ただし、各社の社員が査定したサイズが確定の料金となります。自分で測った場合と大きな差が出ることはないと思いますが、あくまで目安ですので参考までに。

送料の確認は「送料の虎」が一番手っ取り早い!

わたしのメルカリ失敗談~送料で8500円かかった話~

細長い商品を出品して送料だけで8500円かけてしまったという失敗談をお話しします(あほやなぁ~と温かい目で見ていただけると幸いです)。

出品したのは夫が使っていた銛付きの「銛」

銛付きというのは別名「スピアフィッシング」というスポーツで、海に潜り「銛」などの道具を使って魚を獲るというスポーツ。そして、夫の唯一の趣味。

日本の方なら、よいこ濱口まさるさんの「獲ったどー!!」のやつ、と言ったら分かりやすいでしょうか。

その銛、長さが198cmもあり、余裕でヤマト便の規格外だったのですが、「送料2000円ぐらいでいけるかな~」と踏んでいたのです。

それは過去に同じような細長い商品をこちらの送料負担で購入した際、それぐらいの金額だったから(今思えば長さが全然違ったのですが…)。

加えて、重さも1㎏~2㎏くらいだったので、まさか家財扱いになるとは思わず。

ノエル
ノエル

とにかく「ヤマトに行けばなんとかなる!」と思い込んでいたので、送料を全く調べてなかった;;

ヤマト運輸に持ち込んだところ、「うちでは無理」と言われてしまい、紹介されたグループ系列になる「ヤマトホームコンビニエンス」を紹介されたのでそちらへ向かいました。

計測してもらったところ3辺の合計が205㎝あり、Cランクという料金ランクだと言われた。そこまでは「ふーん」という感じで聞いておりましたが料金を聞いてびっくり。

こちらCランクになるので、兵庫~神奈川で・・・8694円ですね~

ノエル
ノエル

(白目)

持ち込み割引で300円ほど引いてもらいましたが雀の涙。+保険代として80円かけたので、合計8454円に。

その場で発送方法を変更する手段も考えましたが、車まで出して子どもを連れて渡り歩いて…なんだか疲れてしまい「もういいや」となかばやけくそで発送してもらいました。とほほ。

のちに送料比較サイトを見て愕然とする

発送したあと、先ほど紹介した送料比較サイト「送料の虎」を見つけて料金を比較してみた結果↓

さ、佐川急便だと、4,806 円…?!

あまりにも差が大きく、気を失うところだった(大丈夫、なんとか生きてます)。

でも無駄が大嫌いな夫に言うと本当に気を失うかもしれないので、いまだに言っていません。墓場まで持っていこうかと思います。笑

対応してくれた社員さんによると、ヤマト便で送れなくてヤマトホームコンビニエンスを紹介されて来る方はけっこう多いそうです。みなさんも気をつけてね…

損をしないために!発送方法、送料は事前に確認をしよう

当たり前かもしれませんが、お小遣いにしたいのならば、出品前に発送方法、送料をしっかり確認しましょう。

特に160サイズを超えるものの出品は計画的に

繰り返しになりますが、送料比較サイトで確認するのが一番簡単です。

今回は「だいたいこれぐらいだろう」という思い込みから、大きな損をする結果となってしまいました。まぁ、勉強代だと思って引きずらないようにします。

送料で損をする人が少しでも減りますように。

comment お気軽にどうぞ*